パティシエへの道ー専門学校

パティシエへの道
専門学校

高等学校を卒業するときに進路が分かれます。大学へいかれる人、就職される人、自分の家へ手伝いに入る人、そして専門学校へ入学する人です。
パティシエを目指すのであれば選ぶ専門学校は「製菓製パン学校」「調理師学校の製菓製パン部」になります。伝手があるときは、その方からケーキ屋さんやパン屋さん、あるいは工場へ直接入られることも可能です。
どうしたらよいか?判らない人は大体、専門学校へ入学されます。
そこで技術を磨くことも大事ですが、さらに目指すケーキ屋さんに就職を斡旋していただくという大目標があります。
学校で学んだ知識に肉付けをしなければならないからです。そうしないと知識は知識だけで終わってしまうのです。

なかなかどこのケーキ店を修行先に選んだらよいかは専門学校に入学するまでは判らないのが現実でしょう。多くの人が卒業直前になって慌てるのは大学でも専門学校でも同じです。

できれば専門学校に入学される前にその学校の就職先実績を調べておくのも大事なことです。普通、自宅から通える学校を選ぶ方が多いようですが、できれば親元を離れてでも将来の就職先が有利になるよう学校を選ぶべきです。学校にも全国区と地方区があります。
全国区と言うのは大きな組織を持っている学校で全国のお菓子屋さんに募集案内を郵送しています。
組織が小さいところですと就職範囲が狭くなることがあります。どうしても県内の企業が中心になるからです。

自分で就職先をみつけるのも良い方法です。
それには卒業高校の先輩、一流店の募集案内(ネット)、食べ歩きなど自分で行動して調べる必要があります。
自分はどういったところでどういったケーキやパンを作りたいのか、ホテル勤務を目指すのか、大手企業でサラリーマンになるのか
オーナーシェフを目指すのかそのことを念頭に置き修行をしなくては成りません。

日本ブログ村
ブログランキング
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク