生活あれこれ

家庭用冷凍庫の上手な使い方

投稿日:2017年5月10日 更新日:

◇家庭用冷凍庫の上手な使い方をご紹介します。

まず先に冷凍庫について少し説明しておきます。

A、冷凍冷蔵庫と言うのは各ご家庭にある冷蔵と冷凍の両方の機能を持った一般的な機種です。
B、ファン式冷凍庫と言うのはファンが廻って冷気を噴射し冷やす冷凍庫です。
C、直冷式と言うのはファンが無く、冷却板が冷え庫内を冷やします。
D、チェストタイプというのは扉が上に持ち上がる機種です。
E、ストッカーと言うのは上扉で直冷式の冷凍庫全般を指して言います。
このうちAとBは自動霜取りです。
Cは手動ですから自分で霜取りをします。

AとBはファンが付いていますから、これから凍らすのに適しています。
C以下はファンが無いため凍っていないものをこの中に入れ凍らそうとしても時間がかかり、なかなか凍りません。
たとえばコロッケを買ってきて、残ったから凍らしておくような場合は、まずAかBにいれ冷凍してからCに保存します。
つまりC以下は保存専用庫と言うわけです。

次の説明ですが霜取りの目安についてです。
A・Bのファン式冷凍庫は自動式霜取りですから必要なし。
Cの場合チェストタイプでしたら電源を切って霜を緩め専用のへらで剥がします。
目安は1,5cmくらいでよいでしょう。
前扉の引き出し式冷凍庫ですと1cmが目安です。それ以上ですと引き出しが引き出せなくなり破損の原因になります。
やはり電源を切って霜を緩めへらで削ぎ落とします。
厚く霜が付いてしまったらコンセントを抜き霜が解けるまで待って水をふき取ります。
食品のしまい方です。
買ってきた冷凍食品は何日分でしょうか?
たとえば冷凍うどんですと1袋に5食入っています。大体1週間分でしたら、そのままで入れておきます。
冷凍餃子など中華食品もそのまま入れておきます。
つまり小分けは初めて使うときに分ければよいのです。
小分けの仕方ですがもう1回分残っているだけでしたら、そのまま小さくして素早く又戻しておけばよいでしょう。
無理に小さく分ける必要はありません。
よくカタログなどに小分けされた食品がびっしり入った写真が載っていますが、あれはデモ写真です。きれいに見せるためにあのように整頓されているのです。
普通のご家庭用冷凍庫であのように沢山の食品が冷凍されているはずがありません。あのようにコンパクトに入れなければいけないような勘違いをしているのです。

次にファンが付いている冷凍室で新たに凍らせる場合の方法です。
できるだけ早くに-6度以下に下げる必要があります。
直接冷風があたると乾燥しますからラップでくるむかビニール袋に入れましょう。空気を抜きぺちゃんこにしてアルミの皿に乗せ入れます。アルミは冷気を素早く伝えるのと重ねる場合に便利です。
室内が一杯になると冷気が廻りずらいので通り道を空けてあげます。これは保存のときとは逆の考え方になります。冷凍できましたら今度はストッカーに移します。

まとめ
家庭用の冷凍庫の場合殆どが普段使っている冷凍冷蔵庫で間に合います。スーパーなどで冷凍食材を沢山買ってきたとき冷凍庫が役に立ちます。少し大きめのストッカーに放り込んでおくような感覚で使ってよいでしょう。
通常3ヶ月も保存をしておくようなものは一般家庭ではめったにありません。せいぜい2~3週間でしょう。ですから素早く出し入れできる少し大き目な冷凍庫がよいのです。出し入れを短時間で済ませばほとんど霜は付きません。

◇冷凍庫の温度調節の仕方
冷凍庫の場合、調節つまみはダイヤル式が多いようです。
弱・標準・強となっている場合と1~8のようにメモリがあるものなどがあります。


それでは順を追って説明していきます。
まず一番先に其の冷凍庫の冷却能力を知る必要があります。

最強でマイナス何度なのかと標準設定は何度なのかの2つです。
一般的には一番冷える設定(強)で-21度~-25度のようです。
それより冷えるものは低温冷凍庫とか-30度などの表示があり
ます。価格も当然高くなっています。
温度設定ですが、普段は標準設定にしておきます。
大体-18度くらいですがこの温度で殆どの食品が保存できます。
もっと低温が望ましい食材や食品というのはある程度、長期間保存されるものです。1週間くらいで召し上がってしまうのでしたら、殆どのものが大丈夫です。-18度以下で冷凍保存された冷凍食品は3ヶ月保存が可能ですが自分で冷凍したものは1ヶ月以内に調理するか召し上がられたほうがよいでしょう。ケーキのスポンジなどは特にそのことがいえます。また、冷凍しているからといって品質が変わらないわけではありません。3ヶ月と言うのは腐敗しない期間と言うことです。
その間食品はどんどん劣化していきます。
ですから、できるだけ早く召し上がられるほうがよいのです。
よく一番強い冷却設定で保存される方がいらっしゃりますがその場合、連続運転を余儀なくされコンプレッサーが廻りっぱなしになり負担が増えるのと霜が付いたり、また電気代も余分にかかります。
急冷ボタンを押した場合も同様です。必ず切り替え忘れの無いようにしましょう。
設定を強にしたからといってより低い冷気が出てくるわけではありません。冷えるまで運転していると言うことです。

◇冷凍庫の上手な霜取り方法

この冷凍庫はアビテラックスのチェストタイプ
です。


この霜を取る方法ですが簡単です。
こういった直冷式のチェストタイプの場合、日にちをきめて電源を切ります。冷凍庫に品物が少なくなる(買出しの前日)ときを見計らいます。残っているものを移しておき、前日の夜から次の日の朝まで放って置けばよいのです。
そうしますと霜は溶けて水になっていますから、その水を前面の下部にある取り出し口から出せばよいのです。10センチほど高さがありますからバットでも敷いておけば大丈夫です。
もし、急ぎでしたら電源を切って品物を移動させ、霜がゆるんでくるのを待ちます。

緩んだら専用のプラべらを差込、画像のように霜を剥がします。
緩み具合で簡単にはがれます。

直冷式でも前扉ですと少し厄介になります。
水が溶けて流れ出るのでタオルか何かで吸水する必要があります。
やはり電源を切って少し霜を緩ませてからとり始めるとよいでしょう。
ドライヤー(必ず冷風で)やサーキュレーターの風を吹き付けても溶けを加速させる
ことができます。

・注意すること
決して金属のへらやアイスピックなどを使用してはいけません。
金属ですとプラスチックは簡単に割れていまい、場合によってはガス漏れの原因
になります。
薬品や洗剤、クレンザーもやめておきましょう。
再び冷却を始める場合は内壁などが濡れていないかを見てスイッチを入れ、しばらく待ち、冷えてくるのを確認してから品物を入れます。

引き出し式の場合ですと1cmくらい霜が付いたら霜取りをします。
厚く付いてしまうと引き出せなくなり破損の原因になります。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-生活あれこれ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

食パンの残り生地でピザを作る

◇食パンの残り生地でピザを作る ご家庭で食パンを作ったときに、その生地を少し取り分けて保存しておきます。 保存方法は1個50グラムに切り、手丸めします。 使う分だけビニール袋に入れ一晩冷蔵庫で休ませま …

アメリカンブルーを株分けしてみたところが

先日お客様から「アメリカンブルー」という花をいただきました。 そのときに 根が込んでいるから大きい鉢に植え替えるよう勧められました。 ところが大きい鉢があるにはあったのですが、移してみたところ重くて運 …