将来、パン屋さんをやりたい人へ -①

◇将来、パン屋さんをやりたい人へ ー①

将来、パン屋さんを開業したいと考えている人のために書いています。
パン屋さんになるには職人を雇って経営をする場合と自分で技術を身に着け開業をする場合の2つがあります。
ここでは後者のオーナーシェフになるためのアドバイスを載せています。参考になるとよいのですが。

まず最終目標の開業ですが、できれば30代の前半までには店をオープンさせたいです。
これは開店してから軌道に乗せるまで時間と労力をかけなければならないからです。朝早くから夜遅くまで働かなければならないかもしれないからです。体力と忍耐が必要なのです。
もちろん、そうとばかりは言えませんが覚悟は必要です。それをつらいと考えるようでしたら最初からやらないほうが賢明でしょう。

パン屋さんは、はっきり言って楽な仕事ではありません。資金もかかります。
よく言われるのが開業資金ですが中でも資金がかかるほうの上位にランクされるでしょう。
オーブン、ミキサー、分割機、調理作業台、給湯器、冷凍冷蔵庫、ホイロなど、大きなものだけでもこんなにあります。
はじめにこれらを意識していたら、やってられないかもしれませんね。

ただ、小さい時からパン屋にあこがれるのは決して悪いことではありません。
開業できなくても技術スタッフとして働き生活をしていけますから、最終目標でよいのだと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする