将来、パン屋さんをやりたい人へ -②

◇将来パン屋さんをやりたい人へ -②

*パン職人への道
最初はだれもパンの作り方をしりませんから、どこかで作り方や技術を習得しなければなりません。
その方法としては、もし高校に入る前でしたら、そういった教科のある私立の学校もあるようですが、ほとんどの場合、高等学校は商業、実業、あるいは普通高校を卒業してからになります。

学校を出た後、すぐにパン屋に就職するか専門学校にいったん入って、それからパン屋に勤めるかの2つになります。
どちらが良いかはなんとも言えませんが、パン作りを覚えるのに適したお店に入る、つてがある人は、それも可能ですが、そうでない人はどこに行ったらよいのか皆目見当がつきません。
学校の就職担当の先生ですらこの業界のことはよくわからないことが多いのです。
ですから専門学校にまずは行って、それから就職先を探すのが近道になります。

大事なのは学校で学んでいる間にどこに就職するべきかを考えながら行動することです。
つまり技術をさらに身に着けるにはどうしたらよいか、それとも社員として給料体系のしっかりした会社に入社するかを決めなければならないのです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする