将来パン屋さんをやりたい人へ ー④

◇将来パン屋さんをやりたい人へ ー④

*進路の選択
在学中に自分の進みたい道のことをよく考えるよう、以前書きましたが
進路は大きく分けて2つあります。
1つは収入のことを考え待遇面で将来的に不安のない企業に就職をする
もう一つはあくまでも技術の習得を優先し、仕事を覚えやすい環境に就職をすることです。

1つ目はそこに腰を据えて昇進をめざし、安定した収入や仕事環境を優先とし、パン屋の開業はチャンス次第ということになります。

2つ目の技術の習得を優先の方は年齢にもよりますが、まずはパンつくりを修行し、ある程度の年数がたってからそこで今一度進路について考える、というものです。
もちろん、開業がすべてではありません。

開業をすることは夢でもありますが実際にはとても大変なことなのです。
実際に学校を出て企業に就職してみると自分が今まで考えていたのと違うことがいろいろと起こります。
先輩との関係や仕事のきつさは働いてみないとわからないものなのです。
パン屋を目指すはずが途中で別の道に進む人はとても多いのです。

*技術の習得
卒業ま近かになってから就職先をあれこれ考えるのではなく、どこへ行ったら目指すものを覚えられるか普段から考え、実際のお店をのぞいてみて品数、種類を観察し、社員の働き具合なども拝見できれば好都合です。
ハード系からソフトもの、食パンはもとより調理パン、揚げ物、デニッシュ、クロワッサンなどすべてのメニューがそろっていれば理想的です。
もちろん自分が将来何を主力に売っていくかは大切ですが、今は何でも作れるようにならなければいけません。
そういうお店を探すのです。
昔は飛び込んで雇ってもらうこともできましたが、なかなか今では紹介がないと就職できません。
それと、まずは給料も2の次なのです。
いろんなことを早く覚えてゴールを目指したいものです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする