左ひじが痛い

◇左ひじが痛い
職業がら右の肘ではなく左の肘が痛い、それもかなり痛いということがあります。

私が実際に経験したことですが
明らかに使いすぎです。
ただ、お医者さんによれば、肘の部分にある骨を触って一番突出しているコリコリした骨の部分が痛い場合は物をつかんで
持ち上げるなどの作業を常にされている人がなりやすく、別の部分の骨の場合はパソコン操作のように指を使いすぎるとなるということらしいのです。前者の場合は肘の部分に注射を打たないと治りが難しいということでした。
私も注射を打っていただき今は治っています。
ただ、また使いすぎれば繰り返すということでした。
怖いのは後者のほうでこちらはそう簡単ではないとのことでした。

そこでもっとよく調べてみたところ肘の内側と外側でちょっと状況が違うのだ、ということがわかりました。

*外側上顆炎(ひじの痛み・テニス肘) (いしがみ整形外科クリニック引用)
「手首を反らせる」「内外にひねる」「指を伸ばす」いうような手首を使った動作を行った時に肘の外側に痛みが起こるのが大きな特徴で、物をつかんで持ち上げる」「ドアノブを回す」「タオルを絞る」「キーボードを打つ」などの動作をしたときに強い痛みを感じます。

私の場合は内側だったようですぐに治りました。

※また、テニス肘は性別に関係なく発症しますが、女性は筋力が弱いことや、家事などで腕を使う動作が多いことから、特に中高年の主婦の方の発症が多く見られるとのことです。

どうもひじ痛の場合、内側も外側も負荷がかかれば痛みがでてくるようですが腕をだらりとたらして横腹に触れる骨が痛い場合、内側と解釈しています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする