なぜ税込み価格にしないのだろう?

◇なぜ税込み価格にしないのだろう?

セブンイレブンで買い物をして、いつも思うのだが
なんで値段の表示が税抜きになっているのか、不思議でしょうがない。
まさか、お客に少しでも安く見せようとしているのなら滑稽だ。
買い物客はとうに、1番上の値段は偽りで下の小さくて見づらいのが本当の値段だとわかっている。
だから全く無駄なことをやっているわけなのだが。

消費税の表記をめぐり国と商業者の間で話し合いがもたれたにしても、産業省はなぜこんな見づらい表記を許してしまったのか訳が分からない。
猶予期間を過ぎての表示は以前の時と少しも変わっておらず。買い物をするときプライスの下の小さい表示の数字を目をしょぼつかせて読んでいる。上の見やすい数字は税抜きなのだから見てもしょうがないのだが、なぜかそうなっている。

考えたのだが、多分こういった表示をしている会社のオーナーは自分で買い物をしたことがないのだろう。

一度でも自分の店で小銭をもって自分で缶ビールを買ってみればすぐに「馬鹿なことを!」と気が付くだろうに。お札で払うから関係ないというのだろうか・・?
私は小銭をかき集めコンビニへ行く、だから代金に足りるかどうかいつも心配をしながら買っているのだ。

それに今度はレシートのことだが左のように消費税額がだらだらと書かれていては見づらいことこの上ない。第一紙が無駄だろうに。
一生懸命、いらない表記をして資源をどぶにぶちゃっているわけだ。

おかしいでしょう。

    *家計簿に消費税書くわけもなし  イクロウ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする