9月25日 バラの黒星病対策

◇9月25日 バラの黒星病対策

前回、雨がバラの難敵黒星病を引き起こすと書きました。
そしてその対策としてバラの木の周りに枠を作りビニールをかぶせました。
それが左の画像ですが

黒星病のことをもう少し知らべてみるとちょっと考えが甘かったようです。

黒星病の菌は土壌の表面にいて雨が降ることで土が舞い上がり、下葉から感染するらしいのです。

私は上にビニールをかぶせれば雨がかからずその心配もないと単純に考えていたのですが考えてみると今度は風通しが悪くなり別の病気にかかりやすいことに気が付きました。

ウドンコ病やベト病、灰色カビ病などがそれです。

これらからバラを守るにはとにかく風通しを良くしなければなりません。
ではどうすれば・・マルチが良いと思いつきました。
それも ビニールのマルチでは土が育たないと知り、有機マルチで土の上を保護することにしました。

有機マルチですが、刈った草やワラ、バーク、落ち葉などのことで
急遽集めたのが左の画像。

ちょうどこの花壇には大きな木があって、その葉っぱがたくさん落ちていました。それを搔き集めたのと、自宅にある八つ手の葉を少し、バークチップなど・・・とても自慢できるものではありません。しばらくはこれで我慢して、次回は下草刈したのや落ち葉を集めておきます。

台風が来そうなので


またビニール袋をかぶせましたが、今度は風が通りやすいように下を少しめくっておく事にしました。

&にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログへ
にほんブログ村


人気ブログランキング;

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする