山本知事が吠えた

◇山本知事が吠えた

群馬県の山本一太知事がとうとう吠えました。

民間シンクタンク「ブランド総合研究所」(東京都)の令和3年の都道府県魅力度ランキングで、群馬県が下位の44位(前年40位)に沈んだことが判明し、山本一太知事は12日の臨時会見で、ランキングの根拠が不明確だとして、「法的措置を含めた検討を始めた」と明らかにした。(産経新聞)

群馬県は毎年下位の方に位置していて慣れっこですが山本知事が吠えたので、そういえば、ずいぶんと失礼な話だと思いました。

ランキングサイトは県の魅力度アップにつなげてほしいとのコメントを出していますが、そもそもなんでそんなものを発表するのかといえば自社のお金儲けのためであるわけで、一つのそのための手段としてやっているわけです。

このランキングに限らずほかのあらゆるランキングがそうであるように勝手にサイトを作って公表していることに迷惑だと思っているところは結構多いのではないかと考えます。

その反面面白いのが最下位の茨城県知事のコメントです。

大井川和彦茨城県知事は11日、「ランキング自体、賞味期限が切れてきた感じは若干ある」と皮肉った上で、県民の1人当たり所得が全国6位になった実績などをPR。「あまり痛くもかゆくもないというのが県民の本音」と強調した。(「グッド!モーニング」2021年10月12日放送分より)

ランキングでも「CDの販売枚数や、競馬のオッズ、タレントのプロマイドなどなら話は分かりますが、他のといえば投票することに、いろいろな要素が入り込みます。
つまりわざと票を入れたり、逆に悪い評価を書き込んだりすることも可能なわけで、信ぴょう性にかけるということです。

できればランキングサイトのランキングもあったらおもしろいなと思うのですが、どなたかおやりになったらどうでしょう・・・。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする