バターと卵が分離してしまう

ケーキやパンのトラブルシューティング

バターと卵が分離してしまう

フルーツケーキやパウンドケーキなどを作る時にはバターと砂糖を混ぜそこに全卵を注ぎ入れながら拡販します。

その作業工程で卵を入れ終わらないうちに途中から卵の水分とバターが分離を始め、それ以上混ざらなくなり困ってしまいます。

このバターと卵が分離してしまう現象は材料の下準備をしていないためにおこるのです。

バターに卵を無理なく合わせるには下準備が必要です。

1,バターは薄く切ってラップを敷いたバットに並べ室温でもどしておきます。

2,全卵はそのまま使うのではなくステンボールに入れほぐしておきます。卵黄と白身がきれいに混ざればそれ以上かき混ぜないでOKです。できればぬるま湯で湯煎して、こちらも室温にしますと混ぜやすくなります。

3,バターと砂糖をよく拡販し白くします。

そこから卵を徐々に入れながらさらに拡販していきます。

こうすることで短時間でバターと卵が分離することなく生地の下地をつくることができます。

 


半ば分離した状態で粉を入れますと混ざることは混ざりますが均一にならず

また粉のグルテンがいたずらをして、口どけの悪いものになってしまいます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました